令和6年組合長エッセイ6月号

余暇を求めて週休三日の農業

「週休三日の農業」を大山農協が提唱したのは昭和52年でした。60数年前の大山の農業は段々畑や棚田に食用とする作物、米・大麦・小麦・粟・稗・黍・玉蜀黍・豆類などの穀類を栽培をしてました。いわゆる「種蒔き農業」です。その種まき農業から「永年作物の果樹農業」へと転換していったのが「梅栗運動」でした。そうです「田んぼに梅を植えましょう。畑に栗を植えましょう。」と昭和36年から始った大山の農業革命です。それからの大山は苦労と試行錯誤を重ねながら常にチョッと無理かなという目標を掲げ挑戦を続けています。そのことが大山の底堅い原動力であると思ってます。

先々月号で綴りました、昭和32年(67年前)に全国で2番目に開設されたのが農協の有線放送OYHKです。日本で「情報化社会」という言葉が使い出されることに先駆けて、その20数年前に大山独自の情報化で、地域住民の皆が活性化されて豊かになる農村を歩きはじめていたのです。振り返えれば大山は、大体10年ないし12年間隔で新しい基軸を提唱しながら、皆で協同の力を発揮しそれを乗り越え、また次の目標を立てて挑戦を続けています。つまりこれが「働き、学び、愛し合う」という3つの願いを繰り返し、繰り返し螺旋階段を昇るように上っていく終りのないNPC運動の基本理念なのです。地域自ら個性のある豊かさと繁栄を考え、実践あるのみです。農業は天候に左右されるものです。今年の梅が大山のみならず全国的に大凶作に見舞われてます。原因は昨年夏の高温続きで花芽に異状が出たのと、今年の開花期の低温長雨、その後に氷点下の温度となった為と分析されてます。そのような天候に左右されない安定した農業を目指して、昭和47年には施設を利用して栽培する菌茸類の瓶栽培やクレソン、ハーブのハウス栽培、そして食品加工などが導入されました。また大山は耕地が狭いため、広い土地で生産する重量作物をキログラム単位で売る大量生産、大量販売との競争は避けて、「軽薄短小」のグラム単位で売る稀少種、軽量作物の少量生産、そして多品目栽培の「ムカデ農業」「高付加価値販売」という方式を周知徹底してきました。それは重労働から軽労働化への思いもありました。むしろ快適労働へと進みたかったのです。この方式の思いの奥には「月収農家」づくりという更なる目的もありました。そのうえ夏と冬にはボーナス、春にはベースアップもあるというものです。大山の農家はサラリーマン以上に休みをとり、サラリーマン以上に収入を得るというものでした。巻頭の週休三日に戻ります。週休三日を説明しますと、午前中の4時間、あるいは午後の4時間を濃密に農作業を行います。つまり週7日間、28時間の実働となります。一般のサラリーマンは、一日に7時間は実働してますので、割ってみますと28時間の農業の作業というのはサラリーマンからみれば4日分働いたということになります。つまりこれが週休三日です。そして新たに作り出された午前、あるいは午後の4時間を「人づくり時間」に使いましょう、という提案をして余暇時間を楽しむことが生まれたのです。

そしてなんと大山が週休三日農業の提唱した15年後の平成元年に、国は週休二日制を提案したのでした。

次号へ続く

婦人部による農作業着とおしゃれ着のファッションショー(昭和61年11月8日(土))


おおやま情報

余暇を求めて週休三日の農業New!!
2024年 梅の出荷予定表
大山は「消滅可能性」にはならないぞ
ゴールデンウイークの業務予定
花より団子
五馬媛の開花情報 4月10日
6
5
4
3
2
1

貧しかった大山の村おこしはN.P.C運動と名付けられました。

旧役場庁舎前に建つ3つの願い像がこれを象徴しています。

それは「働くねがい」「学ぶねがい」「愛のねがい」です。

木の花ガルテン

木の花ガルテンの野菜はすべて健康な土で育てられた有機野菜です。1978(昭和53)年に最初の堆肥工場をつくって以来もう40年以上、キノコ栽培に使ったオガクズを発酵させて独自の堆肥をつくり、大山町全体の農地に毎年、1500トンすき込んできました。

人間の健康をつくるのは健康な食べ物。

どうぞ木の花ガルテンの新鮮で健康な農産物をお楽しみください。

農業者によるバザール

みずみずしい農産物と川の御馳走

毎朝7時半から生産者が次々と野菜を運んできて売り場がにぎやかに。

レストラン オーガニック農園

大山の農家でつくられてきた素朴な家庭料理をバイキング形式で召し上がっていただくレストランです。

木の花ガルテン大山本店

木の花ガルテン大山店には農業者によるバザール(直売所)と農家おもてなしレストラン・オーガニック農園以外にも焼きたてのパンを販売や梅の物産館などがあります。

五馬媛の里

木の花ガルテン大山店から車で15分くらいの天瀬町五馬市に”五馬媛の里”があります。古墳時代の首長五馬媛が祭られている土地です。

更新情報

2024年6月17日組合長エッセイ

余暇を求めて週休三日の農業New!!

2024年5月21日おおやま情報

2024年 梅の出荷予定表

2024年5月15日組合長エッセイ

大山は「消滅可能性」にはならないぞ

2024年4月22日おおやま情報

ゴールデンウイークの業務予定

2024年4月18日組合長エッセイ

花より団子

2024年4月13日五馬媛の開花状況

五馬媛の開花情報 4月10日

2024年4月6日おおやま情報

4月の出荷情報

2024年3月30日五馬媛の開花状況

五馬媛の開花情報 3月29日

2024年3月22日五馬媛の開花状況

五馬媛の開花情報 3月22日

2024年3月16日五馬媛の開花状況

五馬媛の開花情報 3月15日